高年式車買取

人気の高い高年式車は買取業者に査定してもらうのがおすすめ

 
買取業者に査定

 

車というものは、たとえ実際に
公道を走らせたことのないような
新品同様のものでも、

 

 

 

いったんナンバー登録されると
中古車という分類になります。

 

 

 

また、一度ナンバー登録した車を売却する際は、
たとえ走行距離が0kmであっても新車としての取引ではなく、
中古車査定を受けることになります。

 

 

 

もちろん新しい車ほど価値が高いと評価されますが、
車はナンバー登録された瞬間から
緩やかに価値を減じていくので、

 

 

 

いったん売ると決めたら
できるだけ速やかに査定してもらうのが
高額で売るためのコツです。

 

高年式車

 

年式の新しい車を高年式車と呼びますが、
中古車業界では一般的に
生産から5年以内の年式の車を高年式車とします。

 

 

 

また、5年以上10年未満の車を中年式車、
10年以上経過した車を低年式車と分けるやり方もありますが、

 

 

 

以上の区分は厳密なものではなく、
それに対する評価も個々の買取業者に依ります。

 

 

 

高年式車を売る場合、ディーラーでの下取りより、
買取業者に査定してもらった方が
高く売れることが多いです。

 

 

 

高年式車ということは、生産から間がなく
市場での人気も高い場合が多いですから、

 

 

 

機械的に査定を行うディーラーの下取りより、
市場での需要を反映して価格を決める
買取業者の買取の方が高値が付けられるのです。

 

 

 

ただ、せっかく高く売れる可能性の高い高年式車ですので、
1社だけの査定で決めてしまうのはもったいないです。

 

 

 

なるべくたくさんの買取業者に査定してもらって、
もっとも高く評価してくれるところを探しましょう。

 

 

 

>>>高年式車といえども高額を期待するなら早めの売却が吉